マンション経営に関すること!値段をすること

マンション経営ではまずはマンションの値段を

マンションの値段の構成要素というのは、要するに立地、質、広さになります。質、というのは作り具合になります。例えば鉄筋コンクリートの厚さであったり、耐震性などが価格に影響することになります。これは間違いないことです。もう一つとしてあるのが、立地なわけですが、これは基本的に駅から近い、都市部である、というのが重要になります。利便性がよいですとさすがに地価も高いですから、必然的にマンションも高くなってしまうわけです。

広い方が高くなるのは仕方ないです

広い方が何かと値段が高くなるのは当たり前の要素であるといえます。土地がその分必要ですし、建材もより多く必要になります。更に言うのであれば管理費も比例して高くなる傾向があります。どうしても管理をする部分が大きくなるからです。値段を見るときには総合的に判断をするのが肝心であるといえます。マンションの値段の一つのステータス的な物として億があります。つまりは、1億円以上、ということです。これを揶揄なのか、或いは尊称なのかはともかくとして、これを億ションと呼びます。マンションと億円をかけているわけです。これはそこまで運営に向いていないです。

資産価値の上下について

マンションの資産価値と言うのは、かなり難しいことになります。新築であるとどうしても一気に下がります。数割程度はすぐに下がります。これは何故かといいますと新築から中古になるからです。ですが、投資用マンションというのがあるのは確かであるといえます。マンションを投資のために買うのは運用が目的ではありますが転売ということもあります。それは非常に価値が高いところである必要があります。それこそが運用に成功するコツなのです。

トラストインベストメントは不動産の売買や賃貸、投資用不動産、損害保険代理業務などの運営を行っている会社です。