注文住宅は始まりから終わりまで面白いです!

まず、家を買ったほうがよいでしょうか?

まず、家を買ったほうが良いかどうかには、頭を悩ますかもしれません。家は、家族にとってどんな存在かというところが考えどころです。賃貸でも、家は家です。それは、それで、楽しく充実した生活を演出してくれるでしょう。しかし、自己所有の家を持つということは、経済的な負担はあっても、責任は伴いますが、自由さを得ることができます。自分たち家族によって、基礎となる住まいで、自由に暮らすことができるのです。それは、負担を超える何かがあります。

建売より、注文住宅は面白い!

自己所有の家にもいくつか種類があります。すでに、設計され、建築された家を買う建売住宅と設計段階からかかわり、自分たちの好みに応じて建築される注文住宅があります。しかも、土地探しも自由にすることもできます。これは、時間はかかりますが、充実感そして建設的な創造的な営みです。これからの自分たちの家族像を思い描き、好きな土地を探し、また、好きな家を構想し、これから、自分たちが暮らす家を創造していく行為です。まさしく、人生を建設するような面白さがあります。

インテリアやキッチンは女性目線で!

特に、注文住宅の構想・建築過程において、内装、とくにインテリアやキッチンのデザインは、奥様の視点が非常に重要になります。実際に奥様が、家の中では主役ということが多いのではないでしょうか。インテリアの色合いや材質は、もう、奥様視点で選択しても良いのではないでしょうか。また、キッチンのデザインも、奥様の納得するデザインが長期的には良いのではないでしょうか。家族の中でも、奥様主体の注文住宅は、家族の長期的な安泰を意味するとも考えられます。

注文住宅の人気の理由として、デザインや設備などを自由に設定することができ、各家庭の予算の範囲内で建物のイメージを考えることが挙げられます。