インターネット公開されていない物件にたどり着きたい

ネット公開されている物件の中には釣り物件もあります

手軽に全国の賃貸物件を検索出来るようになったことから、不動産会社への問い合わせも冷やかしが増えています。近年、注目されているのは地元のローカルな不動産屋のみが扱っている専用媒介物件です。ネット公開されている物件の中には既に入居済みの物件が多く含まれているのですよ。知らずに問い合わせて来たお客様を不動産屋はカモにするわけです。釣り物件と呼ばれるお得そうに見える物件から別物件を案内されますが、専用媒介物件を狙うために敢えて一度不動産屋の案内に乗ってあげると良いでしょう。

予算は敢えて気になる物件より低めに言う

不動産屋はお客から受け取る仲介手数料と大家から受け取る広告料を利益としています。1件成約しなければ利益が出ないのです。同じ1件の成約であれば家賃が高い物件を紹介するほど仲介手数料の上限が賃料1ヶ月分と決まっているので、最初に提示した予算を少し上回る物件を紹介してきます。だからこそ予算は敢えて気になる物件より低めに言うと良いのです。単に様子見に入った不動産屋で記入した予算よりも1円でも高い物件を出してきたら1秒で突き返してみると予算内で案内してきますが、強い意思を持っている人以外はお勧め出来ません。

紹介された物件にはっきりノーと言う

紹介してくる物件には順番があります。最初に出してくる物件は大家から出る広告料が多い物件から紹介してくるのです。希望した内容の物件でなければ、迷う素振りを出さずにはっきりノーと言うと良いです。すぐに決めたい旨を伝えて無ければ他を探すことをキッバリ伝えると、自社のみで扱う専任媒介物件を提示してくる可能性が高まりますよね。そう、決まりそうなお客を逃したくないのです。自社管理物件やオーナーから入居者選択を任されている専任媒介物件は、その不動産屋でしか紹介されない物件です。他者への仲介物件で決まらないお客向けに取り置きしておく物件が存在するのです。粘り勝ちとなれば良い物件に巡り会えるのです。

賃貸物件は分譲と異なり、気軽に住み替えすることができます。そのため、自分のタイフスタイルにあった土地や空間を探すことが出き、日々の暮らしを楽しむことができます。